2016年10月5日 by admin

格安SIMでの通話について

q02

格安SIMは、大手キャリアのものと比べて、格安で利用することができます。

このため、SIMフリーそのスマートフォンと併用することにより、通常より月額料金を少なくしつつ、データ通信を利用することができるのです。では、格安SIMを使って、スマートフォンで通話を行うことはできるのでしょうか。
格安SIMでは、データ通信のみというプランを選んでしまうと、大手キャリアのように電話をかけることは、難しくなります。しかし、音声通話つきプランというものを選べば、従来のスマートフォンと同じく、電話帳や通話履歴から、音声通話を行うことが可能になります。

このプランを選んだとしても、大手キャリアのプランより、はるかに安くなりますので、お得に活用することができるのです。

また、格安SIMを扱っているキャリアによっては、通話定額サービスを提供しているところもあります。月額料金に、一定のオプション料金を上乗せするだけで、回数を気にすることなく電話をかけることができるので、使う機会が多い人は検討してみるべきです。

http://格安スマホ名人.com/ では主要なMVNOのプランが比較検索できるので便利です。
また、データ通信のみのプランであっても、音声通話を行う方法があります。LINEやSkypeなどの、データ回線を利用するアプリケーションを介することによって、音声での会話も行うことができるのです。

しかし、回線状況によっては、音声品質が大きく低下してしまうので、通話の頻度が多くない人向けといえます。格安SIMのプランを適切に選んで、円滑なコミュニケーションを行っていきましょう。

  •   •   •   •   •
2016年10月5日 by admin

格安スマホの秘密はSIMフリー

q01

若男女問わず、多くの人がスマホを手にする時代が訪れました。ドコモ、au、ソフトバンクでガラパゴス携帯からスマートホンに切り替えて、ぐっと料金が上がったことに驚いた人も多いのではないでしょうか。

 

高い料金を払いながらも、使いこなせておらず通話やメール、LINEぐらいしか使っていない、そんな人にオススメなのが格安スマホです。
格安スマホは、料金が格安なSIMと呼ばれるICカードと、それに対応したSIMフリー端末を組み合わせて販売されているものです。

 

SIMフリー端末とは、ドコモなどの大手会社からロックのかけられていないスモホのことで、これでないとSIMカードが使用できません。

それぞれ自分で選ぶことも可能ですが、初心者には動作確認が行われた端末とSIMがセットで販売されているものがオススメです。
SIMの月額使用料は、通話なしのデータ通信であれば、月額1000円未満のものからあります。通話つきのものでも1000円ちょっとからと、かなりお安くすみます。
料金が大手と比較してかなりお安いというメリットはありますが、デメリットも知っておく必要があります。
SIMフリーで使用する回線は、大手の回線であるため、通信が集中する時間帯には若干スピードが落ちます。

また、水没やトラブルなどの対応は大手に比べると遥かに劣ります。ただトラブル対応してくれる会社もどんどん出てきていますので、よく比較検討し自分にあったものを選ぶようにしましょう。

  •   •   •   •   •